ブログ


2024年4月14日 : 目の周りがくすんで悩む女性へ
こんにちは。
カラービジネスコンサルタントの武田みはるです。

最近、パーソナルカラー診断時に
「目の周りがくすんできた」
というお悩みをよく聞きます。

原因はいろいろあるかと思いますが、
パーソナルカラリストの視点では
アイメイクが似合わない色を使っているからだと思われます。

ブルーベース(Summer、Winter)の人が
オレンジメイクをしたり、

イエローベース(Spring、Autumn)の人が
ローズやパステルカラーのメイクをすると
時間と共にくすんで見えてしまいます。

なぜかと言いますと
ブルーベースの肌に
イエローベースの色を乗せると
交じり合ってグレーになるからです。

これは補色同士を混ぜ合わせると
(色相環で180度向かい合う色=補色)
物理的にはどの色でもグレーになる
理論からきています。

イエローベースとブルーベース

色相環(カラーサークル)は中学の美術の時間で学んだと思いますが・・・
これです?
cus色相環
出展元:(一社)日本カラリスト協会

黄色(正確には黄橙)(24)と青(12)は補色の関係にあります。
黄色と青だけでなく、
赤(20)と緑(8)
紫(14)と黄色(2)
も補色関係です。

補色同士の配色は
お互いを引き立てる効果があります。
マグロのお刺身の下に緑のシソの葉が敷いてあるのは
マグロの赤身をより鮮やかに魅せるためです。


しかし、メイクは肌に乗せるため、
肌になじませると
混色してグレーになってしまい、
くすんで見えてしまうのです汗

最近、目の周りがくすんでしまうと感じる方は、
ご自身が選んでいるアイメイクの色が
パーソナルカラーに合っていないことが考えられます。

基本的に
ブルーベース(SUMMER、WINTER)の人は
ローズ系


イエローベース(SPRING、AUTUMN)の人は
ブラウン・オレンジ系


が似合います。

ご自身のパーソナルカラーが分からない方は
(イエベ、ブルべがわからない等)
お気軽にお問合せください。


目元が明るくハリがあると、
若々しく見えますよね?

春になって、目元のおしゃれも楽しめる季節です。
アイメイクの色を見直してみるきっかけになれば嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

色は人生をより豊かにするツールkotonoha













2024年4月1日 : ポテンシャル高いスタッフはコレをしている
こんにちは。
大阪でも桜が咲き始めました。
このところ寒かっただけに
暖かな年度末にこころが緩みます。

さて、2月、3月と
思いがけず企業研修の機会を多くいただきました。
ありがたいことです(感謝!)

パーソナルカラー診断や
骨格診断研修で
ご自身の外見力をより良くして
信頼感をプラスし、
契約やコミュニケーションに繋げてもらうのが目的です。
さらに販売職の方は
お客様への接客に活かせるように
お客様の似合う色や
デザイン、スタイリング提案のポイントをお伝えしています。

先日来から
受講アンケートが続々と手元に届き、
感想コメントを読んでいると
参加者のポテンシャルがとても高いことを痛感します。
そしてポテンシャルが高いスタッフの特徴が
顕著に表れています。
特徴とは・・・

〇目的意識を持って参加していること
(勧められたからという理由だけで参加していない)

〇実践と振り返りを繰り返していること
 (自分の仕事の中でPDCAがきちんと回っている)

〇受講後の目標が明確であること
 (自身の売り場や仕事でどう活かすか、どんな結果を出していくのかがはっきりしている)

〇ベクトルが常にお客さま(顧客)に向いていること
 (お客様にどう喜んでもらえるかを常に考えて学んでいる)

受講アンケートの数々
送られてきた受講アンケート


今回はどこの企業さまでも
20代~30代の比較的若い方が多かったのですが、
上記の特徴が特に目立ちました。

これらは当たり前のようで
なかなかできないことなんです。

私自身も以前は百貨店に長年勤めていて、
店長研修などに参加する機会がありました。
正直、立場上出ないといけないから参加していました。
学んできたことを売り場で実践できていなかったり、
自己流のやり方で突っ走っていたことが多かったように思います。

ところが受講された方たちは
まず、参加する前に目的意識がはっきりしているから
それをどう活用していくかが明確になっている。


(感想)
「アパレルで働いているので、自分たちは動くマネキンでもあるので、
 自分に似合う服や着こなしを実践し、完売につなげたい」


自分の知識を増やすだけでなく、
お客様目線が徹底している。


(感想)
「自店の課題は買い上げ点数が低いことで、
 コーディネイト提案がまだできていないように感じる。
 今までカラーや組み合わせだけで提案していたが、
 今回の研修を通して個々のお客様に合わせた
 似合うコーディネイト提案を意識していきたい」


ポテンシャルの高さはさすがで、
こんなスタッフがいるお店は
確実に売上が伸びていくだろうと思いました。

仕事も勉強も何事も
「やりっぱなし」はダメですね。
(やらないよりはやる方がいいですが…)

やった後に振り返り(復習と見直し)、
次の目標に向けて修正していくことが必要。

ついつい日々の忙しさに紛れて
やりっぱなしになりがちですが、
次に向けてブラッシュアップしていきます。

Z世代は文章を書くのが苦手とか言われますが
ほとんどの方が長い感想やコメント、
忌憚ない意見を書いてくださいました。
教えに行って
教えられて帰ってくるというのは
こうゆうことです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。


お知らせ

4月13日(土)・14日(日)
大阪・関西万博1年前イベント
咲州ワールドヘルシーフェスタ

協賛企業としてパーソナルカラー診断ブースで出店します!
11:00~16:00
おひとりさま 約20分 2000円(小学生以下1000円)
事前予約不要
ATCホール(ニュートラム トレードセンター前駅直結)入ってすぐのところ

世界のフードキッチンカーやステージでのイベント多数あり
ご家族・友人お誘いあわせの上、お越しください!
万博一年前イベント

ワールドヘルシーフェスタ






2024年2月24日 : 母、赤べこになる
こんにちは。
カラービジネスコンサルタントの武田みはるです。

みなさん、
赤べこってご存じですか?
子どもの誕生を祝って
魔除けの赤に
背中に井(いげた)
腹に巴(ともえ)の家紋をいれた
会津地方に伝わる民芸品です。
赤は疫神が忌み嫌う色で、
無病息災、疫病退散を願う子供向けのおもちゃですね。
温泉街でのお土産物店で
首を縦に振っているのをみたことがあるでしょう。

あかべこ
あかべこ

先日、私はひたすらあかべこになりました…(汗)

私事ですが、
娘が結婚することになり、
私の取引先でもある
ブライダルリング店に
マリッジリングを選びに行きました。

ハンド骨格診断というのがあり、
手の厚みや骨ばみによって
似合うリングの太さ
形(S字・V字・ストレート)
デザイン
がわかるものです。
(私はこれをカップルに診断とアドバイスを行っています)

娘は華奢な骨格で、
リングでは細いS字が似合うと
伝えていたのですが…
いざ選び始めると
【あれもいい、これも素敵!】
と、候補が40個ほどできました。(マジか)

さあ、ここからが問題です。
候補の40個からひとつを選ぶのに
どのくらい時間がかかったでしょうか?

チ・チ・チ・チ・チ・・・・
チーーーン

答え)4時間

びっくり

予想はしていたのですが・・・
(幼い頃から何を選ぶにも時間がかかる娘でしたので)

リング選びに4時間もかかるとは
どんだけ悩むねん

ようやく選び終わった後、
ドレス試着やヘアアレンジメント、
カメラマンによる撮影会、
二人でウエディングフォトプレート作り等…
イベントを総体験して
帰るころには
もう日が暮れてました…

リング店のスタッフさんが
嫌な顔ひとつせず、
長時間寄り添って接客してくださり、
ドレス試着もお手伝いいただいたりで…
母は申し訳ないやら
ありがたいやらで
ひたすら頭下げて
赤べこになっておりました。

新郎の彼も自分の意見を主張せず、
「好きなのを選んだらいいから」と
焦らすことなく、娘に付き合ってくれて
婿殿に対しても私は赤べこでしたよ。

何事にも時間がかかり、
自己主張をせず控えめな人間は
色彩心理で言うと
水色
グレー
みどり
の人。

まさしく娘がこの3色の性格で、
それに付き合える彼も
きっと同じ気質を持っていて
波長が合うのでしょう。

来月にはドレス選びがあります。
ここは私の得意分野ですので、
もちろん一緒に選びに行くのですが…
またまた赤べこになるかもしれません(笑)

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。


色で未来をクリエイトする カラーコンサルkotonoha
HPはこちら

★パーソナルカラー診断―似合う色で第一印象200%UP
★骨格スタイリング診断―「野暮ったい」からの脱却
★同行ショッピング―タンスの肥やしをつくらない
★ロゴ・チラシ・HPなどのコーポレイトカラー―目指す顧客を色で引き寄せる
★カラーコミュニケーション研修―社員力を上げて人材の定着に

お問合せはこちら


公式ラインにぜひご登録ください
kotonoha公式LINE
ご登録プレゼント【スタバとマクドのカラー戦略】が届きます












2024年2月21日 : 着てはいけない色はない~パーソナルカラー診断~
こんにちは。
カラービジネスコンサルタントの武田みはるです。
かなり久しぶりのブログになってしまいました。

先月から今月にかけて、
遠方からのお客様が多く
中でもスロバキアに留学されている方が
パーソナルカラーと骨格診断にお越しくださいました。

こっくりとした秋の実りの色がお似合いのエキゾチック美人さん。

ベストカラーを並べました

内容にご満足くださり、
伯母様にパーソナルカラーと骨格診断をプレゼントしたいと
仰っていただいて、
先日、大正区まで出張診断に行ってきました!
(交通費実費で出張もやってます~)

伯母様はなんとお医者様。
ご自宅でしたので、お持ちのお洋服の診断と
似合わせコーディネイトもさせていただきました。
一番喜んでくださったのが、
使い道に困っておられた「いただきもののブランドスカーフ」

フェラガモやグッチといった
私が一枚も持っていない高級スカーフがぞくぞく出てきて・・・
鳥柄のピンクベージュ
スカイブルーの犬柄
黒地にピンクゴールドのドット柄

どれもSummerさんにお似合いのものでした。

「こんな動物柄、どうやって使おうと思ってたけど、似合うとわかって嬉しいわ~」
「これをお土産にくれた人、なかなかセンスあるよね」
と、プレゼントされた方の評価まで瀑上がりした次第です(笑)

最後に仰ったのが、
「カラー診断受けたら、
 この色は似合わないとか
 着る色が狭まるのかと思ったら、
 逆にこんな色も着れるんだと
 世界が広がったわ」


ベーシックカラーに偏りがちな中、
パステルピンクや
ミントグリーンも
似合うんだと気づいていただき
洋服の選び方が楽しくなったと
カラーリスト冥利につきるお言葉でした。

SUMMERさんのベストカラー
(伯母様のベストカラーを並べました。
 上の姪っ子さんと全く違いますね。)

よくカラー診断を受けると
好きな色が着れなくなるからイヤ
と言われますが、
狭まるのではなく、
逆に広がるものです。

好きな色は小物や下着に。
似合う色はメイクや
顔回りに使うことで
他人からの印象がより良くなります。

春は出逢いと別れの季節。
新たな出逢いに向けて、
似合う色のリップや
お洋服を新調してみてはいかがでしょう?

伯母様は骨格診断で
小さめの柄がお似合いのフェミニンタイプでした。
グレンチェックのスーツのオーダーも賜りました。

似合う色と
似合うデザインや柄、生地感が分かると
洋服選びに迷いがなくなって
ストレスフリーになりますよ。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

色で叶える「魅せる男」kotonoha



2024年1月2日 : 年のはじまりにふさわしい色
明けましておめでとうございます。
2024年甲辰・・・昇り龍のごとく
猛々しく新たなことに挑戦する年にしたいです。

私はおせち料理が苦手で(作るのも食べるのも)
結婚してから1度しかおせち作ってません(自慢するな(笑)
アパレル時代は、
大晦日は初売りの準備で残業。
元旦から出勤。
しかもオール勤務で、ほぼ飲まず食わずで接客。
おせちをゆっくり食べることもありませんでした。
今は自由な身ですが、
相変わらずおせちは作らず食べず、
ずっと呑んだくれの正月を満喫しております(自慢するな)

さて、一年のはじまりにふさわしい色と言いますと、


赤い神社

赤は日本最古の色のひとつで、
「明し」(明るい)が語源となっています。
燃えるようなは、
古代から
「火」や「血」
さらには「生命」の象徴として
魔除けの色として使われてきました。

神社の鳥居には
赤が多く使われていますが、
これは、赤が災厄を祓う力があると
されてきたから。

広島の厳島神社は
大鳥居と社殿がすべて鮮やかな朱赤なのが有名です。

厳島神社
厳島神社
昨秋、参拝したとき挙式をされていて、
白無垢の花嫁と
黒袴の新郎と
朱赤に染まる社殿の
対比がとても美しく印象的でした。

赤には災いを祓ってくれるマジカルパワーがあるのです。
一年のはじまりにふさわしい色。
初詣の際、
神社の鳥居の色にも注目してみてはいかがでしょう。

さらにもう一つ、新年の色
漆黒

漆黒のお屠蘇と重箱
漆黒のお屠蘇と重箱

数ある伝統色のなかで最も暗い色です。
漆器のような深みと光沢のある色。
お正月のおせち料理を詰める重箱やお屠蘇は
漆(うるし)の黒が多いですね。

これは日本家屋の色にも通ずると思います。
一面を同じ明るさにする西洋家屋と違い、
日本家屋にはがあります。
例えば厠や納屋は陰。
玄関や居間の真ん中は陽。
陰があるから、
陽の世界が活きてくる。

金屏風は薄暗い陰の中にあってはじめて
美しさを発揮するのです。
西洋の煌々とした明るい部屋では
金屏風のよさが全く理解されないでしょう。

日本人は古来から
陰と陽をうまく融合させてきたのです。
そういう意味でも、
年のはじまりに漆黒を用いるのは
日本人ならではの色彩感覚だと思います。
書初めの墨の色は
できるだけ濃く深い黒がよいと言われてきました。
年賀状も元来、漆黒の墨で書いてましたよね。
いまではプリンターになってしまいましたが…

鮮やかな赤漆黒
日本の色彩美を再認識する年の初めです。

最後までお読みくださりありがとうございます。

今年も色のよもやま話をはじめ、
役立つ色彩情報を発信してまいります。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

kotonoha
武田 みはる

色で未来をクリエイトする カラーコンサルkotonoha
HPはこちら

★パーソナルカラー診断―似合う色で第一印象200%UP
★骨格スタイリング診断―「野暮ったい」からの脱却
★同行ショッピング―タンスの肥やしをつくらない
★ロゴ・チラシ・HPなどのコーポレイトカラー―目指す顧客を色で引き寄せる
★カラーコミュニケーション研修―社員力を上げて人材の定着に

お問合せはこちら


公式ラインにぜひご登録ください
kotonoha公式LINE
ご登録プレゼント【スタバとマクドのカラー戦略】が届きます